So-net無料ブログ作成
検索選択

今朝の収穫 [植物]

朝のウォーキングが、清々しい季節になりました!
淡桃色の桜の花びらの敷き詰められた遊歩道を歩いていると、
赤い絨毯がそこここに現れます。
数日の雨で一気に落ちちゃったかな?
美しい花が地面に咲いているよう。
落ちたてホヤホヤを失敬。
帰りは、片手から花がこぼれないように、ゆるりゆるりとした歩調に…

季節のおすそ分けを飾ると、幸せが香るようです。
生きているって、素敵だな。

やわらかな、優しい朝です。
  
       DSC_0036-1.jpg
        椿にヘデラを添えて


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

へちま水とお月様 [植物]

うちのヘチマくん、どうもこの夏の猛暑のせいか、
何と、花もつかないまま、秋を迎えてしまいました。
プランターでの自然農法では、土も養分も不足…との説も…
がが~ん!あんなに元気だったのに、まさかの展開!!
そして、葉っぱだけは勢い良いまま、ヘチマ水を採る日がきてしまいました。
 
   これまでの栽培記↓
しかし、へこんでいるわけには行きません。
今年は「お試し栽培」の年のはず!
気を取りなおして、ダメもとで、一株だけ採ってみることにしました。
一般的には2Lのペットボトルで採るみたいなんだけど、
今回は、謙虚に1Lのボトルを用意。
根っこから30~50cmのところで切って、根側の茎をボトルに差し込みます。
茎は口の内側にフィットするようにラップをクチュクチュッとして安定させ、
差し込んだ後、その口を覆うように、アルミホイルでカバーしました。

 
    SN3F0122.jpg
            何とか頑張って!

ヘチマ水を採る時期は、昔から決まっていて、『中秋の名月』の日に準備します。
何だか素敵でしょ。
月の引力との関係もあるのだろうけど、月の光も養分にしてきたのかな。
今年の満月は9月23日でしたが、日中は雨。
でも、夜には、雲の合間から、まあるく綺麗なお月様が!
月見団子ならぬ、おはぎ(お彼岸とかぶってるもんで)とお酒を供えつつ、
七色に変化する美しい雲の流れもあって、
不思議なお月様の世界に魅了される夜でした。
ヘチマも、同じように観てるみたい。

           SN3F0116.jpg
 
1週間ぐらい、そのまま放置して採取することもあると聞いていたので、
放置したまま、ただ今4日目です。
500ccくらいにはなったもよう。
めざせ満タン1L!!!
1年分のヘチマ水が採れたら嬉しいな。
万能薬のヘチマ水。
化粧水で使う前に、ちょっぴりテイスティングしてみようっと♪

追記…!!!今年の「中秋の名月」って、10月22日だったそうな!
   旧暦の8月15日が「十五夜」で『中秋の名月』と言われていて、
   
今年は満月の1日前になったんだって。
   そういえば、昔、満月ではなく、ちょっと欠けてる月を愛でる、
   日本の「わびさび」みたいな話、聞いたことあったような…
   観月のタイミング、今年は間違っちゃったわけですが、
   ヘチマ水的には、時期はアバウトなので、まぁ問題ないということで…
 

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

へちま水 [植物]

雨!
今日開催の滋賀がいいもん市へは、一旦出向いたものの、
キャンセルして帰ってきました。
例のレインスティック、触ってないけどなぁ・・・!!
家の雨漏りの方は、直してもらったので、本当に雨漏りしないか確認中。
それにしても、昨日までのお天気がウソのようですね。

昨日は、へちま苗を植えました。
早くから、ポットに種を蒔いていたのだけれど、
ずっと気温が低く、なかなか芽も出ず、諦めかけてたところ、
暖かくなると芽も出て、やっと植えつけられそうな大きさになりました。
もう少し育ってからの方が良かったのかな~?
ま、とにかく、へちまは初めてなので、今年は何もかも実験的展開です。

ポットへの種蒔き時も、
①そのまま
②種に発芽促進のためのキズをつける
③水に暫く浸けてから蒔く
と、3種類にわけて、比較検討。
結局、今回植えれたのは、①のそのままの種でした。
…②のポットも、遅れて芽は出てきてます。
③は、宅配便のお兄さんに蹴飛ばされたので、検証不能。

SN3F0103.jpg
   そろそろ梅雨か?って長雨も心配

そもそも、このへちま、へちま水を採ろうというのが目的。
果たして、たった2株のプランター栽培で、使えるほど採れるか怪しいんですけど。
ナーベラとして、沖縄料理になるってのもありだし。

ま、実験、実験。
最近は、洗顔の後、岡山で作られている自然農法のへちま水を使っているのだけど、
もともと、化粧水などは自分で作ってたので、自給したいと企てています。
今まで自作していたアロエ化粧水(→レシピ)は、ボディー用にしています。

あとね、実はオリーブの木もあって・・・
こちらは、日焼け止め用にオリーブオイル採ろうなんて思ってるんだけど、
苗購入後、かれこれ数年経ちますが、一向に花も実もなりません。
しかも、なぜか今年、枯れかけてる!?
私の計画はメチャメチャ気長で、目標も遠すぎて、忘れてしまう
事多し。
まぁ、来世には、も少し早く結果が出せるでしょう。

タグ:へちま水

ありがとう、春菊 [植物]


この冬、お鍋に大活躍だった春菊の
プランター。
とっくにつぼみがつき、とうが立ち、食べることも出来なくなり・・・
それでも、せっかくだから、お花が咲くまでは、と、放っておいたのですが、
うちの限られたプランター事情により、とうとう、プチトマトに追い出されてしまう運命です。
ごめんね。
でも、春菊の花、とっても愛らしいの。
一袋の種から育てたのに、なぜか黄色い花と、白混じりと二種類の花を楽しませてくれました。

野生(?ほったらかしなもんで…)の花は自由奔放。
うまく活けれないけど、綺麗だよ。とっても。

  春菊3.jpg
 
春菊1.jpg 春菊2.jpg お疲れ様。もちっとヨロシク。


自然農入門 [植物]

この冬のプランター栽培は、なんとかいつもより安定した感じで、
!!!とか、???とかも少なく、うまい具合に間引き菜がお鍋の材料になってくれています。
でも、数日前は結構暖かかったので、例年のように一気に虫がついて、
後の株はすべて虫さんに捧げる事にならぬかと、びびっておりました。
そしたら、今日はまた暴風&雪だなんてね。虫さんともども、疲れちゃいますけど。

ここ数年、プランターでは満足できなくなってて、もっと自給したいなぁと思っています。
やはり土に植えたい!!・・・家の裏のコンクリを割ってやろうかとか、
家の前のアスファルト掘ってやろうかとか(おいおい、それ、道やんか!!)
そんな過激な発想までちらつく始末。

そして先日、京都市内で自然農を実践されている方の畑を見に行きました。
住宅地の中だけれど、問題なく、太陽の下、伸び伸びと育っている野菜達!
そうそう、これこれ!
自給自足のために田舎に引っ越すとか、そんな無理をするのではなく、
誰もが土さえある環境なら、町の中でも今すぐ始められる、この自然農!!
ここに、自然のサイクルを戻してやれば良いのです。
多くの人がそうすれば、都会に自然な環境が増えるかもしれないなぁ。
土のこと、養分のこと、水のこと。教えていただく何もかもが驚きの連続。
なまじプランター栽培してると、割と手間暇かかるんだけど、
その畑は自然の力でバランスが取れていて、合理的で、管理も超簡単な様子。

私のプランター栽培の場合、弱った土は天日干し殺菌し、石灰を加え中和し、腐葉土や油かす、
有機肥料など加え
なければ植物が育ちませんでした。
生ゴミなどは堆肥にしてからでないと、やれないと思ってました。
でも、この自然農法では、すべて自然のサイクルが行なってくれるのです!
綺麗に殺菌して、養分加えて、を繰り返すのでは、弱い苗しか育たないんですね。
話を聞いてて、今の人間と同じだなぁと思ってしまった。
清潔第一、除菌大好きの日本に生き、人としての免疫力や抵抗力は低下してるもの。
お腹に虫飼ってた時代の方が、地に足付けて生きてたものね。
この世には無かった不自然なものをいっぱい作ってしまったから、
もう自然には生きれないし、こうなって当然なのかもしれないけど。

それにしても、その場でもぎって食べてみた野菜の美味しいこと!!
「この農法なら、ものぐさな私にも畑の管理が出来る!」
あちこちつまみ食いしつつも、しっかりメモをとりながら、そう確信しました。


こうなりゃもう、後は環境を整えるだけなんだけど。
やはり、日常生活の空間の中にその菜園を実現したいなぁ。
まぁ、玄関先のプランター栽培でも、食卓を楽しませてもらえてるのだけどね。
プランターの場合、その農法では上手く循環できない。
でも、楽観的な私は、いつか自然とそんな環境に向う気がしてなりません・・・。

・・・えっ?アスファルト掘ればって!???


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トマト色づく [植物]

今年は植え付けが出遅れたせいか、伸び悩んでいたプチトマト。
ここ数日で一気に大きくなり、実も赤くなりました。

梅雨時の植物の管理は難しく、かといって、何をするでもなく
心配な気分を引きずりつつ、ただ、ながめるばかりです。

雨が続けば、アロエなどの多肉植物が心配。
サボテンはダメにした事、数知れず・・・
頂き物の月下美人の挿し木も、息絶え絶えです。

今年は、先日の長雨で、薔薇の木が枯れそうです。
この薔薇は、もう40年以上前からあったらしいので寿命なのかもしれないけど、
何とか復活しないかと、これまた、ただながめております。

頑張れ~
っと、声をかけつつ、念じつつ・・・
彼らの根性と生命力とに期待しております。

ところで、ど根性大根の大ちゃんは、どうなったんでしょうね。
なんか、クローン大根作るとか、日本のあほらしいくらいの平和なニュースを聞いたのが最後です。
うちは何でもど根性なので、最初からあまり凄いと思えなかったんだけどね。

大根の首部分の水耕栽培は当たり前。
皮は千切りにして天日干しに。
根付きの葱は、もう一度植える。
しかも、その後は何度も切り戻して使う ・・・

あれは、昨年のこと。
梅干に使う赤紫蘇を根付きの束で購入したので、葉を使用した後、植えてみました。
出てくる、出てくる、新芽がいっぱい。
赤紫蘇ジュース第二弾をつくったり、ゆかりに出来たり。
ただ、害虫もつきやすかったなぁ。
虫が付くってのは、食べても安心な証拠だとは思うのだけど。

で、今年も植えてみたわけ。
頑張れ~ど根性赤紫蘇~!

  


ひろがる幸せ(アロエ) [植物]

夕食を作っているときでした。
サゴシの味噌漬けを、グリルで焼いていました。
裏返そうと引き出したとき、勢い余ってグリルにはったお湯が太ももにドバッ!!
ルームパンツをはいていたものの薄手だったので、あ、あぢ~っ!!!!
すかさず冷たいシャワーをかけたけど、ちょっとヒリヒリしてる。
その後、家のアロエの果肉をぬりぬりしたので、大事には至りませんでした。
最初はぬるぬるしてるんだけど乾くとサラサラして、触ってみると塗った所だけ、ひんやりしてる。
寝る前に、もう一度塗っておこうと思います。
”医者いらず”って、ほんとだね。

アロエのおかげで、ちょっと嬉しい毎日です。
中のゼリー部はサラダやヨーグルトに混ぜていただきます。
あと、蜂蜜に漬けておけば、紅茶やミルクに入れて、お砂糖代わりに。
ホワイトリカーにつければ、アロエ酒に。
石鹸の他、化粧水も自家製なので、保湿成分として、アロエ汁や蜂蜜アロエを混ぜています。
実は、アロエ染めにも挑戦したことあるんだけど、うまく染まらなかった。
そんな染め方聞いたことはないけど、切り口から黄色い汁が出るし、染まりそうなんだけどな。
再度挑戦してみるか。
でも、ひとつのものが色々な形に変化していくのって、面白いし、お得な気分です♪

いつの間にか増殖し、あちこち占領されて、「アロエの館」になりそうだったので
仕方なく使い道を調べたり考えたりしたのが始まりだけど、
おかげで、今や楽しみがいっぱいです。
どの鉢も子株がたくさん出来てて苦しそうなので、早く株分けしなくちゃね。
この季節に株分けすると、これまた良く育つんだな~。

我が家のアロエは今日も元気に、増え続けております。
      
     我が家のシャボンアロエくん達(学名はAloe Saponaria)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

イチゴ食べたい [植物]

てるてる坊主が効きすぎた・・・。
8日の手作り市、お天気で楽しく過ごせたのはいいけれど、
あまりの日差しで、暑くて倒れそうでした。
雨よりはいいのですけど。中間は無いものか?
先月までの寒さは何だったんでしょうね。

そして、天候も良くなるかと思いきや、雨です。
もう梅雨?てるてる坊主は、すでにまったく効果無し。
やっと草花が元気になってきたのに、じめじめうっとおしい季節ですか・・・
プチトマトの苗は植え付け待ちです。
イチゴも青い実のまま。
何年か前に買った時、たった3株だったのに、
今や大きめのプランター8つにギューギュー詰めとなりました。
そして今年は例年に無く、いっぱい実をつけています。
やったね♪と、楽しみにしておりました。
・・・なのに!!!
私の口に入るより前に、ナメクジさんがほおばっている。
ビールで誘引したり、見つけて駆除したり頑張ってるんだけど、全然ダメ。

お店の大きく真っ赤なイチゴを横目に見ては、「ありえない・・・」とつぶやくばかり。
でも、家で育てたものは、自然なイチゴの味がします。
なぜか、お店のプリプリのイチゴは、不自然な味に思えて。
・・・果物というより、お菓子みたいですよね。

お天気になって、イチゴが赤く熟しますように。

なんとか、ナメクジの食べ残しのイチゴが当たりますように。

          
             在りし日のイチゴ畑


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の香り [植物]

         

京都は桜も見頃。
この前の日曜日、山菜を採りに、周山街道をドライブしました。
山の上はまだ桜が咲いていない所もあって、少し足を伸ばせば、
今後もまだまだ花見を楽しめそうですよ。

獣の目になりながら、ギラギラと周囲を探索。
そして・・・ほとんど車も通らない、秘密の花園(?)を発見!
よもぎ、つくし、たんぽぽなど、たくさん収穫しました。
摘み始めると、他の事は何も考えられないんですよね。
相棒は、「天ぷら!」と、沢蟹まで捕まえてくる始末で・・・。
まぁ、こちらは、リリースしましたが。

そんな訳で、今週は、つくしの炒り煮・山菜天ぷら等を堪能しています。
実は、よもぎとタンポポは、草木染にするために収穫したものなので、
残り(いや、こっちが本命のはず・・・)は、保存のため、ただ今乾燥中です。
今日は玄関がよもぎの香りで満たされています。
・・・あ、これって・・・よもぎ餅に出来るんちゃうん?

果たして、草木染用のよもぎが残るかどうか。
詳しくは、後日また。